2017年1月18日水曜日

根室市民の森のウソ 612,237

2017年1月17日(火)
<根室市民の森>   By イーグル
 今年は、根室市民の森(北方領土交流センター=二ホロの向かいにある)にきれいなウソが滞在しています。3羽程度で現れることが多く、特に1羽のオスはとても美しい個体です。
場所は駐車場から森の入り口までの比較的開けた場所を移動し、採餌に余念がありません。
 
  その他、森の中にあるハイドは今年もとてもいい雰囲気。
ハシブトガラ・シジュウカラ・ゴジュウカラが中心ですが、アカゲラ・アオジ・コゲラなども現れます。また、運が良ければシマエナガ・ベニヒワ・クロジを見かけることもあります。
 森の静寂の中、小鳥の声だけが響き渡る。癒しの空間としても第一級。ついつい、長居してしまうハイドです。
 除雪が間に合わない場合があります。ハイドまでの道は距離はありませんが坂道がありますので、足元には十分な注意が必要です。




2017年1月16日月曜日

落石ネイチャークルーズ(PM便)611,474

2017年1月15日(日)
<落石ネイチャークルーズPM便>     Byイーグル
 2017年最初のクルーズガイド。快晴・無風・気温マイナス5℃。波がほとんどない。落石漁港内の水面はまるで鏡のようでした。落石ではめったにないベスト・コンディションのクルーズとなりました。昨夜の予想では今日は「雪」。悪天候を予想していただけに、拍子抜けするくらい穏やかな状態がクルーズの最後まで続きました。
 海鳥の方もすごかった。ケイマフリ・ウミバト・ウミスズメ・コウミスズメ・エトロフウミスズメ・ウミガラス・ハシブトウミガラス・ビロードキンクロなどが次々と現れ、「波のない至近距離」というベストな状況の中でじっくり観察・撮影ができました。
 特に今日の主役は「エトロフウミスズメ」。ユルリ島の七つ岩の沖合は「エトロフ祭り」の状態でした。船の左右どちらを見ても複数のエトロフウミスズメが浮かんでいます。船がエトロフウミスズメに囲まれるような状況になりました。数も20-30羽はいたと思われます。1月からこんなに多くのエトロフを見かけることは稀です。今年はエトロフの「当たり年」かもしれません。
 
【観察種】
オオハム(1)        Black-throated Diver (Arctic Loon)
シロエリオオハム(7)   Pacific Diver/Loom
ミミカイツブリ        Slavonian Grebe
アカエリカイツブリ     Red-necked Grebe
ヒメウ              Pelagic  Cormorant
オオハクチョウ(5)     Whooper Swan
スズガモ           Greater Scaup
クロガモ           Black Scoter
ビロードキンクロ(2)   White-winged Scoter
シノリガモ          Harlequin Duck
コオリガモ          Long-tailed Duck
ホオジロガモ        Common Goldeneye
ウミアイサ         Red-breasted Merganser
オジロワシ         White-tailed Sea Eagle
オオワシ          Steller's Sea Eagle
オオセグロカモメ     Slaty-backed Gull
ワシカモメ         Glaucous-winged Gull
シロカモメ         Gloucous Gull
ウミガラス(5)       Common Guillemot
ハシブトウミガラス(1)  Brunnich’s Guillemot
ウミバト(チシマ型6)   Pigeon Guillemot
ケイマフリ          Spectacled Guillemot 
ウミスズメ(30+)     Ancient Murrelet
エトロフウミスズメ(25+)Crested Auklet
コウミスズメ(3)      Least Auklet

ケイマフリ
Spectacled Guillemot
ケイマフリ
Spectacled Guillemot

ウミガラス
Common Guillemot


ウミガラス
Common Guillemot


ウミガラス
Common Guillemot

仲がいい!

エトロフウミスズメ
Crested Auklet

今日はエトロフ祭りの状態でした。



ウミバト
Pigeon Guillemot

アリューシャン型(中間羽)






2017年1月14日土曜日

根室半島(東部)巡回 611,062

2017年1月14日(土)
<根室港・温根元ハイド・納沙布岬ハイド>   Byイーグル
 引っ越し作業に追われ、5日間巡回をお休みしましたが、今日は久々に納沙布岬方面を巡回してきました。
 特に変わったものはいませんでしたが、温根元ハイドにはやっとハギマシコ(10+)が居ついてくれた様です。納沙布岬ハイドからはウミスズメ・コウミスズメ・ウミバト(2亜種)・ケイマフリ・シロエリオオハムなどを観察することが出来ました。
 また、自分は確認する時間がありませんでしたが、本日昼過ぎの情報によりますと、市民の森には、まだベニヒワ(10-20羽)とウソ(3)・シメなどを観察できる様です。
 温根元ハイドからのチシマシギですが、1月5日に5羽観察されましたが、今日は岩陰から出てきてくれませんでした。

【今日の観察種】
シロエリオオハム(15+)      Pacific Diver/Loom
オオワシ(10+)               Steller's Sea Eagle
オジロワシ(5+)              White-tailed Sea Eagle
ノスリ(2)                 Easetern Buzzard
トビ                     Black-eared Kite
アカエリカイツブリ            Red-necked Grebe
ヒメウ                    Pelagic  Cormorant
チシマウガラス(冬2)          Red-faced Cormorant
マガモ                   Mallard
ヒドリガモ                 Eurasian Wigeon
オナガガモ                Northern Pintail
スズガモ                 Greater Scaup
ホオジロガモ               Common Goldeneye
シノリガモ                Harlequin Duck
コオリガモ                Long-tailed Duck
クロガモ                 Black Scoter
ウミアイサ                Red-breasted Merganser
カワアイサ                Goosander
ビロードキンクロ(2)          White-winged Scoter  *根室港
オオセグロカモメ             Slaty-backed Gull
シロカモメ                Gloucous Gull
ワシカモメ                Glaucous-winged Gull
カモメ                   Common Gull
ハギマシコ(10)            Asian Rosy Finch   *温根元ハイド
スズメ                   Eurasian Tree Sparrow
ウミスズメ(50+)          Ancient Murrelet
コウミスズメ(10+)             Least Auklet
ケイマフリ(50+)            Spectacled Guillemot
ウミバト(アリューシャン型=冬1)  Pigeon Guillemot
ウミバト(チシマ型=冬5)
ハシブトウミガラス(1)         Brunnich's Guillemot

 オオワシ
Steller's Sea Eagl

電柱にとまることも多い。


オジロワシ
White-tailed Sea Eagle




 国後島(北方領土)のラウス山を背景に日本の海上保安庁。


 ハギマシコ
Asian Rosy Finch

温根元ハイドでは、3mの至近距離で観察可能。





ホオジロガモ
Common Goldeneye
クロガモ
Black Scoter Black Scoter

 


 クロガモ
Black Scoter


2017年1月9日月曜日

謹賀新年! 根室半島(先端部)巡回 609,427

2017年1月8日(日)
<温根元ハイド、温根元漁港、納沙布岬、引臼沼>  Byイーグル

明けましておめでとうございます。
今年も本ブログをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

今日は新年初の巡回でした。快晴。北の風4m。気温マイナス8℃。
この時期としては「快適」と言えるコンディションでした。

今日一番多かった鳥。それはウミスズメ(Ancient Murrelet)でした。

今、根室半島の先端部(温根元沖~納沙布~歯舞)の海岸沿いには無数のウミスズメが押し寄せています。中には、海岸の殻20mくらいに近づいていたり、漁港内に入りこんでいたりしています。
そして、高倍率の望遠鏡でじっくり時間をかけて観察していると、ウミスズメの群れの前後にウミバト・ケイマフリ・エトロフウミスズメ・コウミスズメの姿もちらほろ。
ウミガラス2種もそこそこの数、陸上から観察可能。

ポイントは、風雪や強風を避けじっくり粘れる「温根元ハイ」ドと「納沙布岬ハイド」がBESTです。
望遠鏡は必携。
温根元ハイドには北方領土を背景に崖の上のエサ台が今年も健在。
ハギマシコの姿を背景にウミスズメ類・海ガモ類、運が良ければチシマウガラスも観察可能です。

1月27日から始まる「根室バードランドフェスティバル2017」へむけて、更に情報発信を続けてゆきます。
バードフェスに向けて、多数のお客様のご来根をお持ちしております!


【今日の観察種】
オオハム(2)               Black-throated Diver (Arctic Loon)       
シロエリオオハム(100+)      Pacific Diver/Loom
オオワシ(8)               Steller's Sea Eagle
オジロワシ(2)              White-tailed Sea Eagle
ノスリ(1)                 Easetern Buzzard
トビ                     Black-eared Kite
アカエリカイツブリ            Red-necked Grebe
ヒメウ                    Pelagic  Cormorant
チシマウガラス(冬2)          Red-faced Cormorant
マガモ                   Mallard
ヒドリガモ                 Eurasian Wigeon
オナガガモ                Northern Pintail
スズガモ                 Greater Scaup
ホオジロガモ               Common Goldeneye
シノリガモ                Harlequin Duck
コオリガモ                Long-tailed Duck
クロガモ                 Black Scoter
ウミアイサ                Red-breasted Merganser
カワアイサ                Goosander
オオセグロカモメ             Slaty-backed Gull
シロカモメ                Gloucous Gull
ワシカモメ                Glaucous-winged Gull
カモメ                   Common Gull
ミツユビカモメ              Black-legged Kittiwake
ハギマシコ                Asian Rosy Finch
スズメ                   Eurasian Tree Sparrow
ウミスズメ(200+)          Ancient Murrelet
コウミスズメ(3)             Least Auklet
ケイマフリ(20+)            Spectacled Guillemot
ウミバト(アリューシャン型=冬5)  Pigeon Guillemot
ウミバト(チシマ型=冬2)
エトロフウミスズメ(1)         Crested Auklet
ウミガラス(10+)           Common Guillemot
ハシブトウミガラス(2)         Brunnich's Guillemot

 カワアイサ
Goosander

ホオジロガモ
Common Goldeneye

 ホオジロガモ
Common Goldeneye
アカエリカイツブリ
Red-necked Grebe

ウミスズメ
Ancient Murrelet

 シロエリオオハム
Pacific Diver/Loom
 ウミスズメ
Ancient Murrelet
Harlequin Duck
シノリガモ ♀
貝殻島灯台
北方領土 歯舞群島

良く見ると、オオワシがとまっています。

国境紛争など素知らぬ顔。













 





2016年12月30日金曜日

冬の根室バードウォッチングモニタ―ツアー_参加者募集中

【冬の根室バードウォッチングモニタ―ツアー参加者募集中】

<旅行企画実施: 根室交通トラベルサービス>

皆さま、年末年始のお休みになられましたでしょうか。
冬の野鳥を楽しみに「ねむろ地域」に2泊3日でお越しになってみませんか?
モニターツアーにつき価格もお安くなっております。この機会にぜひご検討を。

冬道の運転など不要なうえに地元の野鳥ガイドが同行しますので
あなたが見たい野鳥にきっと出会えるはず。


























<日付> 2017年 2月 17日(金)~ 19日(日) 満員御礼
       2月 22日(水)~ 24日(金) ひきつづき募集中
       2月 26日(日)~ 28日(火) ひきつづき募集中

<旅行代金> お一人様 44,000~50,000円
           根室中標津空港発着 
           航空券は各自でお取り下さい
☆冬の根室地域広域観光モデルツアー開発支援事業の一環ためお安くなっています。

<定員> 各回 15名 (最少催行人数各回15名)

オオワシ・オジロワシの鷲山 

エトロフウミスズメ ≪Crested Auklet≫ ※イメージ

シマエナガ ≪Long-tailed Tit≫ ※イメージ

ユキホオジロ ≪Snow Bunting≫ ※イメージ



































































≪ツアー日程≫
 ●1日目
   根室中標津空港(羽田便接続)~走古丹漁港本別海漁港
   ~ヤウシュベツ川河口~根室(泊) <宿:ホテルねむろ海陽亭>
 ●2日目
   根室~風蓮湖(川口船着場)春国岱ネイチャーセンター
   ~道の駅「スワン44ねむろ」(昼食)~落石ネイチャークルーズ
   ~羅臼(泊) <宿:羅臼の宿まるみ もしくは らうす第一ホテル>
 ●3日目
   羅臼~野付半島~尾岱沼(昼食)~根室中標津空港(羽田便接続)
     ※天候や路面状況などにより旅程が変更になる場合がございます。
     ※地元の野鳥ガイドが同行いたします。また、添乗員は同行いたしません。

≪期待できる野鳥≫
   オオワシ・オジロワシ・エトロフウミスズメ・コウミスズメ・ウミバト・ケイマフリ
   コオリガモ・ビロードキンクロ・ユキホオジロ・シマエナガ

<申し込み締め切り> 2017年1月17日(火)まで

<応募方法>詳細については、根室交通トラベルサービスまでお問い合わせください。

<応募条件(注意事項)>
 ・モニターツアーとして、参加者の皆様にはアンケート等にご協力いただきます。
 ・当日は主催者及びにメディアの取材が入る場合がございますので、ご了承ください。
 ・本モニターツアー中に、主催者及びメディア取材関係者がツアーの様子を撮影した
  写真・動画及びお伺いした感想などは、情報発信活動(WEBサイト・紙媒体)において
  使用させていただく場合がございます。

落石ネイチャークルーズ ≪Nemuro OchiishiSea Bird Watching Cruise≫

ウミバト ≪Pigeon Guillemot≫

コウミスズメ ≪Least Auklet≫

風蓮湖でのワシ観察・氷下待網漁見学

オオワシ ≪Steller's Sea Eagle≫

ハギマシコ ≪Asian Rosy Finch≫

ビロードキンクロ ≪White-winged Scoter≫






















































































































<お問い合わせ・資料請求先>
 旅行企画実施: 根室交通トラベルサービス 
            国内旅行業務取扱管理者 黒田 啓一
            北海道知事登録旅行業 第2-353
                       一般社団法人 全国旅行業協会正会員           
            電話: 0153-24-5366
            住所: 北海道根室市光和町2-10-2
旅行条件 ≪travel conditions≫

2016年12月25日日曜日

お知らせ 606,037

2016年12月25日(日)
<お知らせ>   Byイーグル
 本日より年末年始にかけて、本ブログを休止いたします。
神奈川県へ帰省のためです。
1月10日ころから、また、再開したいと存じます。

1年間、本ブログをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
皆様方にとりまして、新年がまたHappy Birding Yearになることをお祈り申し上げます。

どうか、良いお年をお迎えください。

2016年12月21日水曜日

根室半島周辺の野鳥情報 603,487

2016年12月22日(木)    BYイーグル
3連休で根室半島へ鳥見にいらっしゃる方へ、最新情報の提供です。

<春国岱>
まだ、ユキホオジロ(30+)が時折駐車場から木道の切れ目までの間に飛来しています。
草地や砂利道の上で採餌。
今日は、駐車場の敷地内で集団採餌。比較的近距離でじっくり観察できました。
ハマヒバリ(2-4)もまだ滞在していますが、運がないとなかなか見ることができません。
ハギマシコ(50+)も時折飛来します。
*木道の上を往復しながら、お目当ての時が飛来するのをじっくり待つ、というのがBEST。
また、駐車場で車から出ないでじっくり待つのもいいアイデアです。目の前に数十羽のユキホオジロがよく降りてきます。
木道からは降りないのが原則です。

<トーサムポロ漁港>
昨日はハギマシコ(15+)の群れに遭遇しました。

<温根元漁港>
ビロードキンクロ(♂1)が漁港内に長期滞在中。
漁港に入ってすぐの斜路のあたり。カモメのBESTポイントでもあります。

<温根元ハイド>
チシマシギ(8+)、コオリガモ・クロガモ・シノリガモ・ホオジロガモ、ウミアイサ、ハギマシコなど。

<納沙布岬>
オオハム・シロエリオオハム・ウミバト・ケイマフリ・ウミスズメ・コオリガモ・クロガモ・シノリガモ・ホオジロガモなど。運が良ければ、チシマウガラス・ラッコ。

<歯舞湿原周辺>
コミミズク。今年は当たり年。野付半島がBEST。

<明治公園>
ケアシノスリ、シマエナガ、キバシリ、アトリなど。

<市民の森ハイド>
クロジ、ミヤマホオジロ、ハシブトガラ、シマエナガなど。


<落石ネイチャークルーズ>
オオハム・シロエリオオハム・エトロフウミスズメ・コウミスズメ・ウミバト・ケイマフリ・ウミスズメ・コオリガモ・クロガモ・シノリガモ・ホオジロガモ・チシマウガラスなど。ラッコも。


<野付半島>
コミミズク、ケアシノスリ、ハギマシコ、ユキホオジロなど。

オオワシ・オジロワシは各所でOK。
シロハヤブサ情報はまだありません。


ユキホオジロ
Snow Bunting


春国岱の駐車場。
ハギマシコ
Asian Rosy Finch

トーサムポロ付近
Asian Rosy Finch
ハギマシコ

ビロードキンクロ
White-winged Scoter


オジロワシ
White-tailed Sea Eagle