2017年8月31日木曜日

落石ネイチャークルーズ  エトピまだ居ます! 676,053

2017年8月30日(水)
<落石ネイチャークルーズ AM便+PM便>     By イーグル
 くもり。気温18℃。うねり少々。まずまずのコンディションでした。
オオミズナギドリが150羽程度の鳥山を形成中。船を近づけると、オオミズナギドリの間にカマイルカの群れが突っ込んでいきました。迫力満点!!
 ユルリ・モユルリ島周辺では、ケイマフリの数が減りましたが、代わりにウミバトが増えてきました。今日も換羽中のウミバト2亜種(チシマ型、アリューシャン型)をバッチリ観察することが出来ました。その他、いずれも1羽だけでしたが、カンムリウミスズメとウミスズメもじっくり観察することが出来ました。
エトピリカもまだおりました。AM便・PM便それぞれ1羽(別個体)を観察できました。
繁殖期も終盤。ギリギリ観察できて、今日のお客様はとてもラッキーでした。
いよいよエトピリカが不在となる季節が近づいてきています。
そして、この後冬までの間、トウゾクカモメ類・ミツユビカモメ、そして「数万羽におよぶアビ類の大移動」の季節が始まります! アビ類の渡り観察のピークは10月下旬から11月上旬です。

【観察種】  AM+PM便
オオハム(1)           Black-throated Diver (Arctic Loon)
シロエリオオハム(3)      Pacific Diver/Loom
オオミズナギドリ(150+)    Streaked Shearwater
ウミウ               Temminck’s Cormorant
ヒメウ               Pelagic  Cormorant
オジロワシ(5+)          White-tailed Sea Eagle
ハイイロヒレアシシギ(30+) Red Phalarope
ウミネコ              Black-tailed Gull
カモメ(2+)            Common Gull
オオセグロカモメ        Slaty-backed Gull
ウミガラス(夏1)         Common Guillemot
アマツバメ(2+)       Pacific Swift
ハシブトウミガラス(1)     Brunnich's Guillemot
ウミバト(5+)            Pigeon Guillemot *チシマ型夏羽+アリューシャン型=換羽中ケイマフリ(4+)       Spectacled Guillemot
ウトウ(10+)          Rhinoceros Auklet
エトピリカ(2)           Tufted Puffin   *AM1+PM1 (別個体)

*ゼニガタアザラシ(8+)
*カマイルカ(20+)
*ネズミイルカ(2)
*ラッコ(6)           *6頭が集結していました。家族と思われます。

シロエリオオハム
Pacific Diver/Loom

シロエリオオハム
Pacific Diver/Loom

*アキノ大移動がはじまる予感。


オオミズナギドリ
Streaked Shearwater

カマイルカ

オオミズナギドリ
Streaked Shearwater

ウミガラス
Common Guillemot


エトピリカ
Tufted Puffin

もう冠羽が短くなっています。

AM便の個体。
ゼニガタアザラシ

ラッコのファミリー。
6頭いました。

ラッコ
Sea Otter


カンムリウミスズメ
Japanese Murrelet

北上して来ました。
単独1羽。



ハイイロヒレアシシギ
Red Phalarope



ハイイロ
クチバシが太目。


シロエリオオハム
Pacific Diver/Loom

エトピリカ
Tufted Puffin

魚をくわえています。

PM便の個体。




エトピリカ
Tufted Puffin

PM便の個体。

ウミバト発見!
興奮します。

Pigeon Guillemot

アリューシャン型。



ウミバト
Pigeon Guillemot




ウミスズメ
Ancient Murrelet


落石漁港の中に入っていました。

2017年8月28日月曜日

落石ネイチャークルーズPM便 675,466

2017年8月28日(月)
<落石ネイチャークルーズPM便>      By イーグル
曇り。気温21℃。少し肌寒く感じられた。
今日はコンブ漁の影響か、エトピリカの姿を見かけることはありませんでした。
ケイマフリ、ウトウの数も激減。いよいよ繁殖期も終了。
もう、短い秋がすぐそこまで来ている様です。
クロアシアホウドリ、ウミバト(Pigeon Guillemot)なども久々に観察。

【観察種】
オオハム(2)           Black-throated Diver (Arctic Loon)
シロエリオオハム(3)      Pacific Diver/Loom
オオミズナギドリ(15+)    Streaked Shearwater
クロアシアホウドリ(1)     Black-footed Albatross
ウミウ               Temminck’s Cormorant
ヒメウ               Pelagic  Cormorant
チシマウガラス(1)       Red-faced Cormorant
オジロワシ(4)          White-tailed Sea Eagle
ハイイロヒレアシシギ(30+) Red Phalarope
ウミネコ              Black-tailed Gull
カモメ(2+)            Common Gull
オオセグロカモメ        Slaty-backed Gull
アマツバメ(100+)       Pacific Swift
ハシブトウミガラス(1)     Brunnich's Guillemot
ウミバト(2)            Pigeon Guillemot  *チシマ型夏羽。
ケイマフリ(1+)       Spectacled Guillemot
ウトウ(10+)          Rhinoceros Auklet

 *ゼニガタアザラシ(8+)

ハイイロヒレアシシギ
Red Phalarope




ハイイロヒレアシシギ
Red Phalarope



ウトウ
Rhinoceros Auklet

オオミズナギドリ
Streaked Shearwater


ウミバト
Pigeon Guillemot
チシマ型
チシマウガラス
Red-faced Cormorant


チシマウガラス
Red-faced Cormorant


2017年8月25日金曜日

落石ネイチャークルーズPM便 674,842

2017年8月25日(金)
<落石ネイチャークルーズPM便>     By イーグル
快晴。21℃。気温が高く、汗ばむ瞬間もありましたが、うねりが大きく厳しいクルーズとなりました。
繁殖期末期でもあり、海鳥の数は極端に少なかった。
名古屋からの団体の皆様。2隻で運航致しました。
繁殖を終えたエトピリカ。
もう冠羽がほとんどありません。
イワシをくわえて、巣穴の方角に飛び去りました。
カモ岩のチシマウガラス(2)は今日も健在でした。
非繁殖羽とはいえ、顔の露出部の大きさ、赤さ、そして背中の緑色光沢。
やっぱり、美しい鳥です。感動しました。

【観察種】
ウミウ               Temminck’s Cormorant
ヒメウ               Pelagic  Cormorant
チシマウガラス(2)       Red-faced Cormorant
オジロワシ(3)          White-tailed Sea Eagle
ハイイロヒレアシシギ(5)   Red Phalarope
ウミネコ              Black-tailed Gull
オオセグロカモメ        Slaty-backed Gull
カモメ               Common Gull
アマツバメ(100+)       Pacific Swift
ケイマフリ(5+)       Spectacled Guillemot
ウトウ(5+)          Rhinoceros Auklet
エトピリカ(成鳥1)      Tufted Puffin

*ラッコ(6頭)  
*ゼニガタアザラシ(20+)

エトピリカ
Tufted Puffin

イワシをくわえていました。


もうほとんど冠羽がない。

ゼニガタアザラシ
Harbor Seal

ラッコ
Sea Otter
ラッコ

今日は6確認しました。
ウトウ
Rhinoceros Auklet


チシマウガラス(2)健在!!
Red-faced Cormorant

綺麗な鳥です。
チシマウガラス
Red-faced Cormorant

背中の光沢のある緑色が美しい。 

2017年8月23日水曜日

イーグル英語教室・個人レッスン受講生の追加募集案内【第2期・10名】  674,427

2017年8月23日(水)
<受講生募集【第2期】>
太陽君の右手骨折も埋め込まれた金具が昨日抜け、元気に登校できるようになりました。私も彼の完全介護からほぼ解放されました。(まだリハビリは続きますが)
ということで、そろそろ「接客英会話教室」(個人レッスン)の受講者の追加募集を行いたいと思います。                        
*************************************
【イーグル英語教室・個人レッスン受講生の募集案内(第2期・10名程度)】
初心者、大歓迎!!
「英会話」といっても、集合教育は苦手な方も多いですよね。また、レベルが違う方々が一緒に学習すると効率もよくありません。かといって、個人レッスンは高い!
でも、英語ができないと今後時代から取り残されてしまう。。。。。(不安)
そんなお悩みをお持ちの方が増えているのではないでしょうか?
でも、ご安心ください!!
 
 イーグル野鳥案内舎は、完全個人レッスンをご指定の場所まで「出前(出張レッスン」しております。
しかも、料金は格安(1時間2,000円、2時間4,000円)(+出張料1,000円)です。
**釧路市緑が丘の「イーグル野鳥案内舎」でのレッスンも可能です。

       その場合は、出張料1,000円はいただきません。
**教材や学習方法・ペースも各人のご希望にあわせて柔軟に行います。

       英語検定受験指導にも対応できます。
**レッスン可能な曜日・時間帯は、月・火・水・金・土・日の10:00から21:00の間です。

   (完全予約制)(15時以降開始のレッスンの場合は出張レッスンはございません)
**講師はイーグル(新谷耕司)です。8年前に神奈川県から移住した日本人です。

   英検1級・通訳案内士の資格免許も持っていおり、プロの英語観光ガイドや野鳥ガイドもやっ   
   ています。また、ハーバード大学院では行政学修士号(MC・MPA1991年)も取得しており、
   実践ガイド英語のレッスン経験も豊富です。

☛レッスンにご興味のある方は、080-3173-7175(新谷)まで。
  メールの場合は ☛ kniiya@y8.dion.ne.jp  まで。
 *「出前=出張レッスン」の範囲は釧路から大体片道1時間圏内に限らせていただきます。
*片道1時間を超える場合は、チャーターレッスン(2時間20,000円、1名から10名までの集合教育)がございます。
 
 外国人観光客は、今後ますます増加しそうです。もちろん、個人の外国人バードウォッチャーも!
今から英語を習得し、外国人観光客受け入れという「最大のビジネス・チャンス」に備えてみませんか?